HOME>特集>産み分けって本当にできるの?赤ちゃんを産み分ける方法

赤ちゃんは授かりもの……でもどうしても産み分けたい!

赤ちゃんはコウノトリからの授かりものといわれるほど、人には変えられないものだと考えられてきました。だけど、できれば希望の性別にしたいと思ってしまうのも親の性ですよね。今回はありとあらゆる産み分けについてまとめました。

産み分けって本当にできるの?赤ちゃんを産み分ける方法

カレンダー

産み分けは歴史が長い

そもそも産み分けはいつから始まったのでしょう。実は産み分けは歴史が長く、子を待つ親の期待が反映されていますね。現代の医療の中で産み分けという分野はが進歩しないのは倫理上の問題があるからといわれています。もし産み分けで希望の性別でない子が生まれた場合、その子の一生はどうなるでしょう?しかし、どうしてもという事情があるかもしれません。ここでは産み分けの方法を紹介していきます。

産み分け方法4選

カウンセリング

中国式産み分けカレンダー

中国式産み分けカレンダーというものがあります。一人っ子政策で子どもを沢山生むことの出来ない中国ならではですね。受胎月と受胎時の出生診断です。いわば占いのようなものなので、科学的根拠は分かりませんが、楽しんで出来る産み分け方法ですね。ネットで検索するとすぐに見られるので試してみることをおすすめします。

リンカルの服用

男の子を希望の方にはリンカルというカルシウム製剤を服用する産み分け方法が存在しています。2ヶ月以上服用する必要がありますので長期での取り組みが必要です。

ゼリーの使用

膣内の環境によって産み分けが出来るのではないかという方法です。性交時に男の子を希望の場合は膣内をアルカリ性に保つゼリーを使用し、女の子を希望する場合には膣内を酸性にするゼリーを使用する方法です。

性交のタイミング

性交のタイミングでも産み分けが出来ると考えられています。女の子を希望する場合、排卵日から2日前がいいとされています。しかし、不妊の場合は排卵日から遠くなってしまうのであまりおすすめは出来ない方法と言えます。

広告募集中